糖尿病には、1型糖尿病・2型糖尿病・その他の糖尿病といった種類があります。その中でも、食生活や生活習慣と関わりが深く「2型糖尿病」はその代表として、最も多くの患者数です。当初はほとんど自覚症状がなく、たいてい血糖値(血液の中のグルコース、ブドウ糖の濃度の値ですね)の高さにも気づきませんが、病状の継続・悪化に繋がりゆくゆくは合併症の要因になってしまいますよね。適切ではない食生活は2型糖尿病をまねくきっかけとなるので、治療には食生活の見直しと改善が必要です。体重や血糖の調整に努め糖尿病性の合併症を防ぐこと、さらに悪化の抑制を目的とするのが食事療法です。人は歳と伴にインスリンによる筋肉への糖の吸収が減少します。血糖値(血液の中のグルコース、ブドウ糖の濃度の値ですね)の上昇につながる原因の一つです。とり理由食事の後は、ブドウ糖が体内へとすぐに吸収されるため血糖値(血液の中のグルコース、ブドウ糖の濃度の値ですね)が上昇します。血糖値(血液の中のグルコース、ブドウ糖の濃度の値ですね)上昇を抑える手段として「ベジタブルファースト」があります。食事法の一つで、食事の際は野菜から食べる方法です。食物繊維をたくさん含有したゴボウやキャベツなどの野菜は、ほかの食品の消化吸収を緩やかにする効果があります。食事や麺類などの炭水化物に含まれる糖質の吸収も緩やかにするため、体内にブドウ糖が取り込まれるのを和らげます。日本人の5人に1人は罹ると言われている身近な病気『糖尿病』の予備軍について「まだ糖尿病になった理由じゃないから、今は食生活を改善したり、特別な運動は必要ないのではないか」と言う方もいるでしょう。正式に糖尿病と診断されるまでにはほとんど自覚症状がないため、考えを改めることはなかなかできません。糖尿病の予備軍から境界型になってくると、からだの中では、すでに変化が起きはじめていますよね。体内の重要なホルモンのうち、血糖値(血液の中のグルコース、ブドウ糖の濃度の値ですね)を下げるために欠かすことのできないインスリンの分泌量の変化は、自覚症状のない時から出てきます。1食あたりの糖質が40gまでというのが、「緩やかな糖質制限食」の目安です。3食バランスよく食べて、できるだけ食事を少なくすることが大事です。糖質ばかりの「ラーメン・ライス」や「チャーハン・ラーメン」が一番良くありません。同じように「カツ丼とざるそばセット」なども避けた方がよいでしょう。つまり、糖質ばかりのものを食べるのはよくないということです。糖質制限の観点からも「幕の内弁当にしましょう。そして食事は半分残しましょう」と、推奨していますよね。「緩やかな糖質制限食」では、厳密なカロリー制限をせずに、野菜のほか、お魚・お肉もいっぱい食べましょう。多種さまざまな栄養素を適量摂ることが、調和のとれた食事となり糖尿病の方には治療法のひとつにもなります。個々に応じたエネルギー量の範囲内で、調和のとれた食事をとるためにひんととなるのが、「糖尿病食事療法のための食品交換表」です。その食品交換表で私たちが日々摂取している食品を見てみると、それぞれに多く含まれている栄養素を持とにして、調味料と6つの食品グループと表に分類して、80kcal(1単位)のエネルギーをふくむ食品の重量をけい載していますよね。そうした食品交換表を参考にすることで、日々の献立づくりの幅が広がります。3食の分量は、できれば食事ごとに同量程度が理想的ですが、やはり夕食がどうしても多くなってしまいますよね。食事は、忙しくても20分かけてゆっくり食べることです。時間をかけることで、血糖値(血液の中のグルコース、ブドウ糖の濃度の値ですね)の上昇を防いだり、満腹中枢が満足したりするからです。仕事で時間が取れなくても、短時間での食事摂取は回避しましょう。血糖値(血液の中のグルコース、ブドウ糖の濃度の値ですね)を下げるには食物繊維が望ましいので、海藻類やきのこ類はたくさん摂取してください。ポテトやコーンは糖質が多いので要注意です。2型糖尿病や肥満の原因のひとつとして体内時計の乱れがあります。毎日の睡眠や体温(最近は低体温の人が増えており、体温が1℃下がるごとに免疫力が約37%低下するといわれています)、また体内の血圧や糖代謝・脂質代謝など、すべての生理機能には日内リズムがあって、「体内時計」によって制御されていますよね。「体内時計」と日々の生活スタイルは、密に関係します。「時間栄養学」は「体内時計を考えた栄養学」と捉えることができます。栄養学の基本である「何をどのくらい食べるか」に併せ、「食べるタイミング」といった体内時計の特性を付け足し、食事のタイミングと役割に関して考える新しい研究分野です。あなたにとって適正な総摂取エネルギーが1日1600kcalと指示された場合、食品のうち1日に交換できる単位が20となりますが、それぞれの栄養素が偏らないように選択することが大事です。皆様がよく知っている外食メニューも、「食品交換表」にはけい載されていますよね。参考にして、ある程度のカロリーや栄養素を覚えておくとよいでしょう。薬物療法を行っている場合、食べるタイミングを適切に判断しないと、低血糖を促すリスクが高まるので注意することです。旬の食べものを積極的に取り入れたメニューや、外食の仕方にも工夫を凝らして、食事療法を豊かにしてください。糖尿病というと、制限された食事と考える患者さんが多いと思いますよね。ですが、糖尿病の患者さんの思いとはうらはらに、食べられないものは何もありません。普段の食事とは異なるメニューが「食事療法」という理由ではなく、それぞれに必要な総摂取エネルギーと栄養素を意識することが目的となります。食事療法のそもそもの目的は、糖尿病の患者さんのみに与えられたものではなく、一般の健康な方たちにおもったより必要なことなのです。糖尿病とは、血糖値(血液の中のグルコース、ブドウ糖の濃度の値ですね)を下げるインスリンというホルモンがうまく働かなくなり、血糖値(血液の中のグルコース、ブドウ糖の濃度の値ですね)が上昇したままの状態がつづく病気です。糖尿病の治療の目標は、生涯にわたって血圧・血糖・血清脂質などの血中の状態や体重の理想的な数値を維持することで、たとえば、網膜症・腎症・神経障害などの合併症、心筋梗塞・脳梗塞・足壊疽などの動脈硬化症を予防し、日常の生活に支障をきたさないよう充実した人生をおくるようにすることです。適切な指導による食事療法などは治療の一環として、その他の発症や進行における糖尿病合併症や動脈硬化症を防ぐことができます。こちらもおすすめ⇒ウェルネスダイニング 口コミ