オルニチンは肝臓の働きを助けるアミノ酸の1種です。 本来アミノ酸というのは、タンパク質のもとになる物質です。オルチニンというのはちょっと特殊なアミノ酸で、互いに結合しない体内に存在する遊離アミノ酸からできています。 遊離アミノ酸は血液の中に存在しています。そして、血管を通って体内の各器官に届けられ、それらの働きを助けています。ですからオルチニンを取り入れれば、肝機能を向上指せアルコールによる悪影響を未然に防止してくれるのです。オルチニンには肝臓を補助する機能もあるため、アセトアルデヒドの分解や解毒の能力も高めてくれます。このため、悪酔い・二日酔いの予防や、酔いが回るのを遅くしてくれるといった効果を求めることが可能です。もちろんオルチニンを摂取していても、あんまりお酒を飲みすぎると、逆に肝臓の機能を悪化指せてしまうことにもなりかねません。その他にも有名なアミノ酸にシトルリンとアルギニンがあり、人気のサプリメントにもなっています。オルチニンの別名は成長ホルモン誘導体といい、オルチニンと他のアミノ酸を同じサプリに配合することもあります。このため筋トレをしている、筋トレやエクササイズの好きな方にもおすすめです。ただ健康になるためだけではなく、ダイエット(最近では、痩せているより、ちょっとぽっちゃりの方が健康によく長生きできるという説もあります)効果や美容効果にも期待して、オルチニンサプリを摂取する方も、どんどん増えてきています。オルチニンは人間の体内では生成されませんから、食事などをとおして摂る必要があります。とはいえ食事をとおして必要な量を取り入れるには膨大な量の食事が必要になります。十分なオルチニンサイクルの活性化に必要とされるオルチニンには個人差がありますが、目安は1日あたり400mgくらいです。これをしじみに含まれるオルチニンで摂ろうとすると一日1000個以上になります。効果的にオルチニンを摂取する場合、その目安は1日あたり500mgから1000mgほどと言われているのです。もちろん500mgと1000mgでは2倍の差がありますが、これは個体差のためです。人によって身長・体重は違いますし、胃腸の吸収能力も異なります。自分に合った量をしるには、少しずつ量を変えて服用しながら、いちばん効果のある量を見極めるようにして頂戴。オルニチンを摂取する目的は、人それぞれだとは思いますが、一般的なオルチニン摂取の目的は、肝機能向上・回復や代謝向上によって、脂肪を燃焼指せるということです。アルコールの過剰摂取で肝臓の数値の悪い方、肝機能の衰えを感じている方や、ダイエット(最近では、痩せているより、ちょっとぽっちゃりの方が健康によく長生きできるという説もあります)進行中の女性には、最適の成分ではないでしょうか。体内でオルチニンサイクルが起きると、アンモニアは尿素に変えられて、腎臓は負担なく簡単に尿として出してしまうことができます。一方オルチニンが足りなくなってオルニチンサイクルが十分に機能せず、アンモニアの量が多くなりオルチニンの効果が十分に追いつかなくなると、アンモニア処理の負担が腎臓や肝臓にかかることになります。オルチニンサイクルの他にも、肝臓の中ではTCAサイクルも行われています。TCAサイクルは肝細胞内のミトコンドリアで行われる代謝回路で、炭水化物・たんぱく質・脂質からATPを生成するものです。人間の筋肉を動かすのがこのATPで、生命活動には欠かせないものです。アンモニアというのは、このTCAサイクルを妨害してしまうのです。オルチニンサイクルという機能が肝臓内で発生すると、体内のアルコールが分解される過程で、有毒なアンモニアの解毒作用も発動するため、理想的なアルコール処理が可能になります。この効果を期待してオルチニンサプリを飲むなら、もちろんお酒の前にサプリを飲むべきです。あるいは酔って眠ってしまう前には飲んで頂戴。そうすれば睡眠中にオルチニンサイクルが発生し、アルコール分解が滞りなく速やかに進みます。肝臓は70%から80%程度が失われても、半年後には元の大きさに戻っているほど高い再生能力のある臓器で、少々痛めつけられたとしても問題なく働き続けるという特質があります。その結果、肝臓の異変に本人がそれを自覚しないことも少なくなく、症状が現れた時はとっても病状が進んでしまっていることも多く、このことから肝臓は”沈黙の臓器“とも呼ばれています。こちらもどうぞ⇒オルニチンサプリランキング