体の3大栄養素として糖質・たんぱく質・脂質が挙げられるでしょう。糖質と脂質は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺にいつまでも残留する事はありませんが、たんぱく質に関しては分解する事で7~8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に腎臓に負担がかかります。なので、意図的にたんぱく質の摂取量を抑える必要性があります。体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日分で言えば30~40gに相当します。浮腫が凄かったり尿があまり出ない時は、塩分以外に水分の制限も付随してきます。このような場合、飲み水だけにあらず、食品自体が持つ全ての水分と考えます。浮腫具合が軽かったりそれ自体が無いのなら制限を設ける項目は塩分だけになります。制限を設ける水分の量に関しては病気の進行具合や尿量を元に医師が決定します。脱水になるとかえって腎臓の機能低下につながるので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。腎臓病の人のために低たんぱくの特殊食品があります。こうした製品を上手く活用する事で徹底したご飯管理を行えます。腎臓の機能が落ちていく程、より厳しくご飯を徹底しないとなりません。また、糖尿病の患者さんは血糖管理のため、エネルギー量にも制限が生じます。ご飯内容は自己流で判断せずに、医師や栄養士の力を借りて決定するようにしましょう。腎臓病では 糸球体がおかされるために血液の濾過作用が上手に行われず、ナトリウムや水分が体外へ排出しづらくなります。加えて尿となり放出されるはずの老廃物まで、体内に居座り続けるようになります。その結果 窒素が血液中に増えて、尿毒症の原因となったり、ナトリウムが増えて高血圧になったりということがおこります。なのできちんとご飯療法を手掛けて、塩分・水分・蛋白質・エネルギーに関して特定量体内に供給し続ける事がもとめられます。お肉・お魚・たまご・豆腐については一度に多量のたんぱく質を摂取してしまいますし、食べ過ぎに注意が必要な食品です。甘いものと言えど思った以上に多くのたんぱく質が入っていたりします。おやつは小豆や牛乳・卵を活用して創られているので、エネルギー補給のためとは言え食べ過ぎれば、たんぱく質の過剰摂取になります。例を挙げれば、ショートケーキ1つでも卵1個と同量くらいのたんぱく質が含有されています。カリウムは水に浸す事で流出するため野菜・芋類を食材に使う場合、小さくカットし水さらしないしは茹でこぼしを実践した後調理に取り掛かりましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、使用する食品の種類や調理の際の形状・水量・所要時間により相違します。ベースとしてはほうれん草などの緑黄色野菜(厚生労働省の定義によると、可食部100グラム当たりにカロチンを600マイクログラム以上含んでいる野菜をいうそうです)の場合45%、いんげん等の未熟豆類でおおよそ30%は取り除けます。細かくカットする、茹でこぼしを怠らない、きっちり搾る等手を加えれば、その分効力は発揮されます。クレアチニンについては筋肉中にある物質を介して生じる老廃物であって、腎臓に行き分離された後尿と合わせて体外へ除去される成分です。クレアチニンの量は、筋肉や運動量で変化するものです。そのため、一般に女性より男性のほうが高値に出ます。筋肉の量が低下すれば、クレアチニンの量も減少します。また、女性だったら妊娠の際に、尿から排泄されるクレアチニンの量が多くなるために、普段よりクレアチニンの値は減少します。腎臓病を患っていてもご飯療法が的確ならば、からだの中に老廃物(毒素)がたまりません。老廃物がたまらなければ尿毒症を防ぎ、腎臓病の進行具合を遅くする事が可能になります。そうとう上手くいった場合、腎臓病の進行は既に止まったのではないかと思うレベルで遅らせられるケースもあったりします。ご飯療法が難しいと言いますが、これは制限の内容が難しいと言う事ではありません。ご飯療法については、患者が自ら積極性を持って手掛けられる最善の治療方法です。腎臓病を患った方が行なうご飯療法のポイントは、なるべく腎臓病を悪化させない事と、体調を良好に保つことにあります。透析が必要無い保存期の間は、ご飯療法を手掛ける事で腎不全が進行しないようにできますし、透析導入を遅らせることができます。加えて、透析を始めても、できる限り健康体で透析をするために、ご飯療法は非常に重要な治療法です。日々のご飯で得たたんぱく質は、体を動かすためのエネルギーへと変化しますが、いくらかは老廃物になり血液中に留まります。血液は腎臓中で分解されて、無駄な老廃物は尿を出す際に伴に排出されます。たんぱく質を過剰摂取すると、老廃物が増えてしまい、腎臓に与える負荷が増してしまいます。腎機能を損なわないためにも、たんぱく質の摂取量を抑える必要があります。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、不足しないように補給する必要があります。続きはこちら⇒腎臓病 食事 宅配 口コミ