腎臓病に罹っても食事療法を厳守すれば、毒素や老廃物が排出されやすい体となっていきます。老廃物が排出される事で尿毒症にならず、腎臓病の進行を遅らせることが出来ます。非常にうまくいくと、腎臓病の進行は既に止まったのではないかと思うレベルで遅らせられるケースもあったりします。食事療法は困難だと捉えられがちですが、実際はそこまで厳しいものではありません。食事療法は、患者が自ら意欲的に努められる最善克つ最短の治療手段なのです。クレアチニンは筋肉中の物質からできる老廃物で、腎臓内で分解された末尿と合わせて体外へ排出されます。このクレアチニンの量は、筋肉や運動量と関係しているといわれます。故に、大抵の場合男性の方が高めの数値が出るようなのです。筋肉量が少なくなれば、同時にクレアチニンの値も落ち込みます。加えて、妊娠状態にある際は、尿と合わせて排出するクレアチニンの量が高まるため、普段よりクレアチニンの値は減少します。腎臓病を発症すると糸球体に影響が出て正常な血流が行われず、本来体外へ除去されるべきナトリウムや水分が体内に残ってしまいます。同時に尿中に出されるはずの老廃物が、体内に加算されていきます。こうした結果血液の内部に窒素が増加し、尿毒症を起こす火種となったり、ナトリウム量の増加で高血圧を招く畏れがあります。ですので水分・塩分・蛋白質・エネルギーに関して、正しい食事療法の元一定量を摂りつづける必要があります。腎臓病を患った方が行なう食事療法のポイントは、腎臓病の進行ペースを遅くさせる事と、健康体のキープとされます。透析導入前の保存期の方ならば、食事療法をもとに腎不全(糖尿病や感染症など、色々な原因で起こります)の進行ペースを抑えられ、透析を要する時期を極力遅くできます。この他、透析を要する状況となっても、できるだけ健康な状態で透析を行っていく上で、食事療法は非常に重要な治療法です。体における3大栄養素に糖質・たんぱく質・脂質(グリセロ脂質やスフィンゴ脂質などがあります)が存在します。糖質と脂質(グリセロ脂質やスフィンゴ脂質などがあります)は体内で燃焼されることで水と二酸化炭素に転じるため、腎臓や肺に蓄積しにくいのですが、たんぱく質に限っては分解されても7~8割は窒素を伴った老廃物に変わるため、排泄の際に腎臓に負担を与えてしまいます。それ故、たんぱく質の摂りすぎは宜しくありません。体内機能を存続するためのたんぱく質の最低摂取量は体重1kgにつき0.6g/日入り用であって、一日分で現すと30~40g程になります。浮腫が凄かったり尿があまり出ない時は、塩分のみでなく水分の調整も求められます。このような場合、飲み水だけにあらず、食品中における全水分が相当します。浮腫がなかったり軽い場合は制限を設ける項目は塩分だけになります。制限を設ける水分の量に関しては病気の進行具合や尿量により医師が判断します。脱水は腎臓機能を悪化させる要因になるので自己流でどうにかしようと考えるのは止めましょう。食事をもとにして得たたんぱく質は、体内で代謝され、不要なものは老廃物となり血液中にたまります。血液は腎臓に運ばれて濾過された後に、残った老廃物は尿とともに体外へ出されます。過度にたんぱく質を摂取すれば、老廃物はそれだけ増えますので、腎臓への負担が増えてしまいます。腎機能を損なわないためにも、たんぱく質の摂取量には気を配る必要があります。しかし、たんぱく質は身体を構成する重要な栄養素でもあり、不足しないように補給する必要があります。肉や魚・卵・豆腐にはたんぱく質が多く含まれており、食べ過ぎの傾向にある食品なので注意するよう心掛けましょう。甘い食べ物に関しても案外多量のたんぱく質が入っています。オヤツは製造過程で小豆や牛乳・卵が使用されているので、エネルギーチャージが目的でも一度に多量を口にすれば、必要以上にたんぱく質を摂取してしまいます。例えるなら、ショートケーキ1個には卵1個と同量くらいのたんぱく質が含有されています。腎臓病の人のために低たんぱくの特殊食品があります。これらを上手に活用するのが長つづきのコツです。腎臓機能が落ち込む程に、より厳正に食事を徹底しないとなりません。加えて、糖尿病の患者さんの場合血糖値を維持するに当たり、エネルギー制限も伴います。自分で勝手に食事内容を決めずに、医師や栄養士の力を借りて決定するようにしましょう。カリウムは水に浸透しやすい事から野菜(たくさん食べるようにすると、ダイエットにも健康にもいいでしょう)・芋類を具材として使うのならば、小さめに切って水さらしもしくは茹でこぼしを終えてから調理に進みましょう。茹でる事で除外できるカリウムの量は、個々の食品や調理を行なう際の処理時間や形状・水量により違いが出ます。一般的にはほうれん草等の葉物野菜(たくさん食べるようにすると、ダイエットにも健康にもいいでしょう)だと45%、いんげんなどの豆類で30%程カットできます。小さめに切ったり、茹でた後によく水を切ったり、ちゃんと搾るようにすれば、それだけ効果は期待できます。PR:腎臓病食 宅配 ランキング